「神航」が誕生か?


0
     
    今朝形態をチェックしたら証券会社から微信を着信していた。

    少々興味深い内容だったので、たいした情報では無いかもしれないが「お裾分け」しておきます。

    あっ、言っときますが「神航」という名称は私が勝手につけただけ、「神車」とか「神運」のように一般的に命名されている名称では無い。(汗)


    で、「神航」の前に、先ずは今週の成績から

    市場は相変わらず国慶節前の9月30日から連騰です。

    大きく上がったのは一昨日(月曜)だけですが、ドカンと大きく上がるよりも、たとえ僅かでも毎日上がってくれる方が良いですね!

    ドカンと上がると翌日にドカンと下がるのが中国市場ですから・・



     ナノ技術で毛根の奥まで浸透
     厚労省認可の男女兼用育毛剤
     国産・無添加・無香料・無着色のイクオス




    ■月曜(10月12日)

    久々にドカンと上がりましたね!

    出来高も久しぶりに4,000億元を超えました。

    お蔭さまで私の「中国重工」もストップ高!

    で、こんな感じ


    57,263元 → 60,625元



    信威集団は買値に近づいたので売却。

    で、バイト銘柄の「苏州固锝」を買ってみた。

    何と、いきなり7%以上も上昇(嬉)



    ■火曜(10月13日)

    ドカンと上がった翌日の割にはドカンと下がらず!

    市場に安心感が戻って来たのでしょうか?

    お陰様で私の株もドカンと下がらず。


    60,625元 → 61,221元



    で、バイト銘柄から幾つか買い足してみた。

    そう言えば「东风汽车」が突然ストップ高。

    「中国重工」ほどの力が有るとは思えなかったので即売却。

    連日のストップ高になったら悲しいが、それはそれで仕方ない。

    ド素人の浅はかな判断という事で納得です。



     最近一週間で魚を食べましたか!
     ユンケルの佐藤製薬が作った血液サラサラサプリ
     記憶力、思考力、集中力を高めたい方に!
     製薬会社のEPA&DHAは品質が違います。




    さて、肝心の「神航」ですが

    ・中航动力

    ・成发科技

    ・中航动控

    の実質的な経営者(实际控制人)が変わるそうです。


    私の記憶では、これらの銘柄は習近平の訪米時にボーイングで300機を発注した直後に突然の取引停止。

    ボーイングは中国に組み立て工場を作る予定なので、その思惑に絡んで取引停止とならなかった中航集団の銘柄が軒並みストップ高。

    H君の予想が大当たりと言う事になったワケ!


    で、その張本人の「中航動力」が今日(10月14日)から取引再開になるそうです。

    しかも実質的な経営者(实际控制人)が変わると公告されている。


    中国の航空機業界の再編が行われるという噂が有り、

    最初に国が着手したのが「航空機エンジンメーカー」と言われている。


    中国人投資家からすれば

    「やはり始まったか」

    「次は機体か、それとも電子制御システムか?」

    みたいな感じで、航空機関連に注目が集まるかもしれません。



     申し込むなら絶対に月初がお得です。
     中国など規制の厳しい国でのネット接続に!
     月額 1.080円で同時に3台接続出来るVPNが登 場!
     PC、携帯、i-Pad など3台を同時にVPN接続!
     無料Wi-Fiスポットでのセキュリティ確保にも!




    因みに今までの実質的な経営者(实际控制人)は

     中国航空工業集団

    これがどのように変わるのかは受け取った情報では不明。


    尚、オーナー(最终控制人)は変わらずに

     国務院国有資産監督監理委員会

    のまま変更無しのようです。


    再編絡みで航空機メーカー(エンジン、組み立て、電子制御、パーツ、機体素材)等から暴騰銘柄が出る可能性が有るので要注目です。


    興味有る方はチェックしてみて下さい。


    但し、賭け事は常に自己責任ですよ!


    「思惑通りに上がるとイイネ!」と応援頂ける方はポチッと!
    「ド素人のクソ情報だな」と否定的な方も取り敢えず・・
       ↓ ↓
     にほんブログ村 株ブログ 中国株へ


    投資アドバイスなどコメント頂けると嬉しいです!








    コメント
    コメントする








       

    (C) 2015 中国株式投資で一獲千金 Rights Reserved.