今日(11月19日)は要注意だそうです


0
     
    株式ニュースによると、ここ数日は市場に影響を与える要素が多く

    「どちらに転ぶか分からない」

    状態だそうです。

    中国市場は7割が一般の個人投資家、しかも投機的な短期投資が大好き。

    ちょっとした事で市場が揺れ動きます。

    なので「想定外の展開」も有り得るとか・・・

    で、今回は

    「なぜ注意が必要なのか?」

    という事を「ド素人の情報」としてお伝えします。



     中国など規制の厳しい国でのネット接続に!
     月額 1.080円で同時に3台接続出来るVPNが登場!
     PC、携帯、i-Pad など3台を同時にVPN接続!
     無料Wi-Fiスポットでのセキュリティ確保にも!




    ■IPOの実施

    実は先日の記事でウソを書いてました。(汗)

    既に28銘柄のIPOが決まっており、10銘柄は明日(11月20日)?

    先日の記事で

    「資金凍結の無い新IPO方式が採用される」

    と書きましたが、明日の10銘柄は旧方式だそうです。

    今日(11月19日)が申し込み金振込みの最終日。

    因みに今回の10銘柄IPOで凍結される資金額は、凡そ1万億元

    決して少ない金額では有りません。

    昨日(11月18日)の上海市場の出来高は 3923億元

    深圳が5,507億元

    二つの市場を合わせても 約9400億元

    つまり今日の締め切り時間までに、両市場の昨日の出来高(金額)と同等額の資金が凍結されるわけです。

    別枠の資金を調達できない投資家は、株を売って資金を手配するしかないですよね?

    この事が市場に与える影響は?


    ■SDR

    IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用するか?

    この決定が成されるのが11月30日。

    現在SDRに登録されているのは、DSドル、ユーロ、英ポンド、日本円の四つ

    中国が第五の国際通貨になるかどうかが決まるわけです。

    SDRに登録されれば、中国市場が活気づくのは間違い無いと言われています。

    逆に「駄目だった場合」はどうなるか?

    11月30日の決定で、どちらにも転ぶ可能性が有る?

    少し怖い気がします。



     集中力と体力の衰えを感じ始めたら
     サプリ感覚で飲む精力剤
     代謝が上がるので深酒にも効きます!




    ■もうすぐ12月

    中国では全ての企業の総決算日は12月末日と決まってます。

    各企業は12月末日に向けて帳簿整理を行う。

    しかも、中国では日本のバブル時期のように「企業財テク」が当たり前


    ・本業が絶好調なら「値下がり株」を売って簿価を下げる?

    ・本業が赤地なら「値上がり株」を売って簿価を上げる?


    そんなに単純な事では無いだろうが、何らかの影響は有るはず。


    しかも、総決算に向けて

    「売り掛け金」の回収

    「買い掛け金」の支払

    が発生し、いずれにせよ現金需要が増す!

    潤沢な現金が手元に有れば良いが、無かったらどうするか?

    資産売却?

    だとすれば手っ取り早いのは「株」ですよね?


    ■FBRの政策金利

    「上げる上げる」と言いながら、10月11月は上がりませんでした。

    でも

    「12月は絶対に上げる」

    と言ってるとか言って無いとか?


    「今さら」

    「中国市場はA株中心で国際金利とは無関係」


    という説もありますが

    注意しなければならないのは香港市場


    香港市場は国際化されているので、

    「ドル金利が上がれば株価はかなりの確率で下がる」

    と言われている。


    香港株式市場が下がれば、中国株式市場も影響を受けます。

    なぜ?

    上海市場と香港市場が繋がって、昨日(一昨日)が一周年。

    総枠の規制はあるものの、一定条件を満たせば


    ・香港で上海のA株を売買できる

    ・上海で香港株を売買できる


    つまり、香港市場の出来事はけっして「対岸の火事」ではない。



     産学官共同プロジェクトが開発した浸透型発毛促進剤
     薬用ナノインパクトプラス
     2兆個のナノパワーで浸み込むのを実感!




    しかも現在

    「深圳市場」と「香港市場」を繋ぐ準備作業中

    これが整えば「深圳」「香港」「上海」が繋がる事になります。


    中国市場も徐々に国際化され、国際市場の影響を受けやすくなりつつあるという事です。

    中国の爺さん婆さんオッチャンおばちゃん一般投資家に取っては

    「あまり有難く無い!」

    かもしれません。


    というわけで、今日明日、それと今月末は要注意だそうです。

    くれぐれもお気を付け下さい。


    「なるほど参考になった!」と応援頂ける方はポチッと!
    「そんな事は誰でも知ってる」と無関心な方も取り敢えず・・
       ↓ ↓
     にほんブログ村 株ブログ 中国株へ


    投資アドバイスなどコメント頂けると嬉しいです!






    | 1/50PAGES | >>

    (C) 2015 中国株式投資で一獲千金 Rights Reserved.